学科・コースの紹介


海洋科 航海コース(定員20)

 

航海コースを卒業した生徒たちは主に船員として働きます、大海原を旅する仕事です。
 

一度やったら止められない、とてもエキサイティングな職業です。

 

 

 

沖に出ると空気は新鮮、海水は透明でどこまでも透きとおっています。

 

そして輝く太陽、海は私たちにとって大自然に抱かれた最高の学習の場であり職業の場です。

 


 


 フェリー(貨客船) 1~3日の航海を繰り返します。人と荷物(自動車)を運搬します。 
 内航貨物船 国内で1~3日の航海を繰り返します。荷物の運搬が専門です。 
 外航貨物船 コンテナ船やタンカーなど大型の船で世界中を回ります。1月~1年の航海です。 
 マグロ漁船 太平洋やインド洋でマグロを獲ります。1年6カ月の航海になります。 
 各種漁船 カツオ船、巻き網船 などの大型漁船があります。短期航海を繰り返します。
 調査船  水産庁の調査を請け負う船です。3日~1週間の航海で国内を回ります。
 実習・練習船   水産高校や大学の船です。大型帆船「日本丸」は有名です。
 クルーズ船  飛鳥、クイーン・メリー(2)といった船があります。世界中を旅する豪華客船です。

このような船に就職するとどんな仕事をするのでしょうか。

 

水産高校の実習船はマグロ漁船でもあります。
マグロ船の場合を例にとって説明してみたいと思います。

写真は水産高校の実習船「海友丸」の実習風景です。

 

 甲板員の仕事ってどんなもの・・・
 

将来の夢はもちろん、船長になって世界中の海を旅すること。でも、新入社員は甲板員からスタートします。いわば船の雑用係、どんな仕事があるのでしょうか。
 

例えばマグロ船だとエサの準備、乗組員全員分の食事の配膳とかたづけ、風呂の準備、トイレ掃除などなど。

指示された仕事はテキパキとこなしましょう。

 

空を見上げるとそこには抜けるような青空があります。

 
 

 航海士の仕事はどんなもの・・・

船の中のいろんな仕事を一通り覚えると、次は航海士としての仕事が本格化します。海図上に船の位置を記入したり、天候や風向・風力・波高等の記録をしたりする船舶運行の仕事が始まります。


大海原では太陽の高度を測定して船の位置を割り出します。

ブリッジで見張りをして、他船と衝突しないか漂流者がいないか常に監視します。
レーダーを使うと目には見えないとても遠くの船や陸地を確認できます。

航海コースでは、船舶職員を養成するため様々な学習と実習を行い、

海技士国家試験合格を目指します。

  


 航海コースは国土交通省指定の海技士養成施設です


船の免許について

【1】大型船の免許(総トン数20トン以上の船)
   〔種類〕
    1級~6級海技士(航海) = 船の運航に関する責任者
    1級~6級海技士(機関) = 船のエンジン・発電機・その他の機械類に関する責任者

   〔取得までの流れ〕
    筆記試験(誰でも受験可)合格 + 乗船履歴 ⇒ 口述試験合格 = 大型船の免許取得


  ※本校の場合
    卒業時、4級海技士(航海)の筆記試験が免除されます。
    さらに専攻科(航海)へ進学すれば、2年間で3級海技士(航海)の筆記試験の資格が取得で

         き、 尚且つ乗船履歴も付けられるので、卒業前に口述試験を受験し合格することにより、

         3級海技士(航海)の資格が取得できます。



【2】小型船の免許(総トン数20トン未満の船)
      1級および2級小型船舶操縦士があります。(水上オートバイを除く)
      1級は18歳以上、2級は16歳以上であれば受験可能です。
      自動車免許のように、おもに指定機関の講習を受講するコースが一般的です。

 ホーム
福岡県立水産高等学校〒811-3304福岡県福津市津屋崎4丁目46-14
Tel:0940-52-0158 Fax:0940-52-5023
福岡県立水産高等学校
〒811-3304福岡県福津市津屋崎4丁目46-14
Tel:0940-52-0158  Fax:0940-52-5023
Copyright(C)2009 suisan All rights reserved