ユニークな授業や特別活動

沖縄で行っている潜水実習(上級トレーニング)の説明ページです。

まずは完璧な中性浮力コントロール

水中でも担当教員から細かな指示を受けます

沖縄で行っているのは、スクーバ式潜水の最上級ランクである Master Scuba Diver (マスター・スクーバ・ダイバー) のトレーニングです。

生徒たちは、このトレーニングを受ける前に 、初級・中級・応用・レスキューのトレーニングをクリアしています。

このトレーニングでは、ダイビングインストラクターと同等レベルの技術習得が求められます。

水中マップを書くために情報収集開始

調べたことを水中ノートに書き込みます

スクーバ上級トレーニングでは、エアー切れを想定した緊急浮上訓練や水中における器材の脱装着訓練、水深10mへの素潜りなど様々なトレーニングをおこないます。
上級者は、初めて潜るポイントでも正確な情報収集を行い、簡単なマップを作る能力が求められます。
簡易マップ作成で距離を測るのは、自分たちの遊泳キック数です。

基準点間の距離は実測します

環状捜索のトレーニング

環状捜索の訓練では、正確な弧を描くために、円を描くためのロープを掴むべきではありませんが、生徒が振返りざまロープを掴んでしまっています。

水深34mの世界へ、緊張でエアー消費が・・・

帰りは慎重に水深を上げていきます

水深30mを超えるダイビングを体験するのも上級コースのメニューです。
生徒たちは緊張のあまり呼吸が激しくなっています。
排気の出方が、他の写真に比べて格段に多くなっているのが分かります。
水深34mは静かです。
呼吸する空気が濃くなっているのが自覚できます。

安全に毎分9mの速度で浮上します

真栄岬、生徒たちの下にツバメウオの群れ

水深10mへの巣潜りも行いましたが、透明度の高い沖縄の海だからこそ実施できる訓練内容です。

水底の目標物がはっきりと目視できます。

沖縄潜水実習は、今後も是非続けて行きたいトレーニングです。

 ホーム
福岡県立水産高等学校
〒811-3304福岡県福津市津屋崎4丁目46-14
Tel:0940-52-0158  Fax:0940-52-5023
Copyright(C)2009 suisan All rights reserved